平沢沙里の電子書籍

BOOK☆WALKER版はこちら

2018年10月13日

気が付いたら10月中旬…活動再開とか

久しぶりに原稿ファイルを開いたら、前回作業した日付が9月19日。……一ヶ月くらい触ってなかったのね〜(^ω^;)
まぁ、一太郎校正でざっと修正した後赤入れすることにしたので、意識リセットには良いのですが。

その間に表紙画が進んでいるといえば、全く進んでない!

これからは日に一時間ずつ、執筆と絵と交代でやっていこうかと。絵も描かないと後々キツくなりそうなのです。

ところでこの一太郎の添削(赤入れ)機能ですが、ツールが変わるだけで私が書き手!という意識が読み手の方へシフトする気がしてなかなか気に入っています。

普通に書いたり、通常モードで校閲する時と違って、自分の作品に対して指摘者になるというかちょい上から目線になるというか(笑)

もし次バージョンの一太郎を買えたら、使い方解説記事を載せようと計画しています。今持ってる一太郎は2016年バージョンなので、最新版なら機能が拡充してるかもだもんね!

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと

2018年09月16日

その漢字、あなたはそのまま?それとも平仮名またはルビを振りますか

次作「エクシール」後半の追加・手直しが完了し、とりあえず初稿を書き上げました。

  1. 一太郎校正
  2. 表記揺れチェック(一太郎機能)・訂正
  3. 赤入れ
  4. 詠太で読み上げて校閲・文のリズム調整
の四段階で原稿を整えていくことにしました。短編や中編だと無駄に周回してましたが、さすがに9万字超えるとそれは大変です。というか無理。

今は1)をやり始めたところなのですが、けっこう悩むのが漢字の表記。
私は基本的に、常用漢字でない表記は平仮名に開くか、どうしても使いたいときはルビを振っています。
(慣用的に多用されていて、まぁ誰でも読めそうな表記は一部例外)

漢字については、「新聞を難なく読める人なら楽に読める」のを想定しています。
……元の原稿だと、自分がまぁ読めて簡単に漢字変換できるものだから、ついつい漢字ばかりになってしまいます。なので、かなり平仮名やルビ付きに書き換えるハメに。

作風やジャンルにもよるのでしょうが、漢字だらけだと文章が硬くなるのですよね
(>ω<)
特に動詞や副詞で普段あまり(またはほとんど)漢字で書かない・見かけない語句には気を付けています。

その基準については、作品ごとに表記法をメモした単語帳を作っています。さらに頼もしいのが「記者ハンドブック 新聞用字用語集第13版」。
迷ったときにはコレ!


読者がほぼ辞書を引かなくて済むような(電子書籍で簡単にできるとは言え)、読みやすい作品を心がけたいです(´ω`*)
タグ:小説 執筆

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと

2018年08月27日

生麦ビール女子肉食会?!

えー、ロクに創作活動していない中、先週末にはお友達と横浜は生麦にあるキリンのビール工場隣接のレストラン「スプリングバレー ブルワリー横浜」に行ってきました。


IMG_3783.jpg

私は飲めない人なんで、ノンアルコールビールで楽しみました。


IMG_3784.jpg
前菜にピクルス盛り合わせ。


IMG_3785.jpg

と、温玉なポテトサラダ!


IMG_3786.jpg

ふと見渡せば、内装もとても雰囲気があって、大人の空間です。


IMG_3787.jpg

スペアリブにかじりついてました。

IMG_3793.jpg

フィッシュアンドチップスも注文。あっという間に食らいつくしました(笑)

IMG_3794.jpg

ビールと言えばコレ!ソーセージですね。

IMG_3796.jpg

デザートはイチジクのババ。
ババって何だろうと思ったら、サヴァランの事なんですね。

ご覧の通り、ほぼ肉(とポテト)しか食ってませんよ(笑)
また行く機会があれば、今度は自家製ソルティライチ(キリンだけに!)を頼みたいです。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいもののこと

2018年07月14日

殺無生さまのコースター、いただきましたよ!

お友達からの台湾土産!
Thunderbolt Fantasy〜東離劔遊紀の殺無生コースターです。


IMG_3604.jpg

このコースター、写真じゃ分かりませんが厚さ0.5センチほどの陶器製で、コップ等の結露した水分を吸って蒸発させる機能があるそうな。こういうの、台湾じゃメジャーなアイテムらしいです。
さすがはタピオカミルクティーのお国のグッズですね!(?)

殺さまの麗しいお姿に飲み物を乗せるのは何となく忍びないですが、吸水・蒸発してくれるなら個人的にOK(笑)
とってもお役立ちかつ、ファンの心をくすぐるアイテムです〜。

もう一つしおりも貰ったのですが、こちらは東離と同じ会社が作ってる布袋劇のキャラクターかな?説明を聞いてくるのを忘れたので、判明次第追記しますね。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳だよ♪

2018年07月07日

作品ごとに単語帳を作ろうと思うのこと

えー、次作「エクシール」は中世ヨーロッパ大陸風、「ラスール・ミール」は中世の中東風の世界観であります。

その世界観に合った言葉遣い、用語を選んで使っていくために、それぞれに単語帳を作らねば、と相成りました。
今まで、表記揺れ対策の単語帳しかなかったのよね。


以下、自分用の覚え書きみたいなものです。

今主に悩んでいるのが、作品によく出てくる「マント」と「フード」それに「テント」をどう表記するか。マントはフランス語由来、フードは英語・オランダ語、テントも英語、らしいんですよね。

フード付きマントはヨーロッパ風の「エクシール」ではまぁおかしくないとして、オリエンタルな「ラスール・ミール」ではそもそも衣装的にどうなの?って感じなので、男性はターバン(アラビアだとアフラームとかグトラとか呼ばれるらしい)、女性は黒ヴェールかすっぽりと全身を覆うアバーヤが適当なのかな。その辺、設定し直しですね。

テントは……どうしよう(^ω^;)
「天幕」にルビ振るとそれっぽいですが……現在よく使われているカタカナ語って、ほんと悩みますね。

パンもなぁ……現代日本人にとってはパンはパンだし……「麺麭」になんかルビ(「ラスール・ミール」だとホブズ、とか?)振るとかっこよさそうですが、麺麭(ホブズ)と表記してもあんまり伝わらなさそうって言うか、私も漢字でこう書くってうっすらとしか知らんかったです(笑)

あと、現代社会で多用されている漢語や言い回し……新聞やビジネスでよく使われてるような……にも注意したいです。極端な例で言うとなんだろ、罹患率とか新製品とか試算とかかな。
登場人物の台詞がわりと現代口語的なのは、会話のノリと勢い重視なのでわざとです。

明日からさっそく、作業開始!

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと