平沢沙里の電子書籍

BOOK☆WALKER版はこちら

2017年03月27日

サルシャとウルスラのふたりごと〜苦行スイッチは切っておけ!

ウルスラ
ウルスラ
「ん?なんか今回から記事タイトルが変わってるね」





サルシャ
サルシャ
「日付だとつまんないんで、テキトーなコピーっぽいものにしたよ!」





ウルスラウルスラ
「沈没後、復活したけど、沙里、最近楽しそうよね?」





サルシャ
サルシャ
「師匠こと平沢進氏のイベント『循環する景観カフェ』でのミニライブ体験や、丸木戸サキさんの『ねぇ、その出版楽しいの?』読んだりして、肩の力が抜けたらしい」




ウルスラウルスラ
「創作とか表現関係って、上手くならなきゃ、良いもの作らなきゃってストイックになりがちだけど、まず自分が楽しむことだよね〜。ついつい頑張んなきゃ!って苦行スイッチが入ってしまう訳だけどさ」




サルシャサルシャ
「それって、あーたどこのブッダさん?」





ウルスラウルスラ
「力みすぎ、良くない!で、執筆他、色々物事がはかどり始めたってさ」





サルシャサルシャ
「原稿も、『エクシール』、まだ全部書き終えてないけど最初の方の推敲始めたり、他に『ラスール・ミール』の改稿したりしてるよ。従来のコテイカンネンは捨てたらしい」




ウルスラウルスラ
「固定観念?」





サルシャサルシャ
「原稿は一回書き上げてから推敲せねばならぬ〜とか、早く上げるために一作に集中せねばらぬ〜とか」





ウルスラウルスラ
「……他の作家さんからしたら、『それどんだけ頭固いの』って案件じゃあ……」





サルシャサルシャ
「読書もぼちぼち読み進めてるって!積ん録にもようやく手を付けてるし」





ウルスラウルスラ
「今読んでるのは、『ケプラーズ5213』、ティオセノス号内がえらいことになってたのが判明したあたり。あと『(合本版)旅人、《愚者》: タロット 78枚の物語』、これはサンプルを読み終えそうだからポチらなきゃね!あと『中村佑介「みんなのイラスト教室」』がまた途中。『示見の眼 第三巻』と『遠近法基本講座』は読了済み、やっとだけど」

サルシャサルシャ
「まぁ、飛ばしすぎずぼちぼちやって欲しいね!」



にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

2017年03月20日

お久しぶりです……頑張らないを頑張りたい

体調不良ですっかりブログがご無沙汰になっていました。
何度目の沈没だろう……というより、いったい私は何回沈没すれば学習するのでしょうか。


前回は確かベッドで執筆することにしたら調子に乗ったのですが、今回はドライアイ用目薬で疲労感が軽減されたら調子に乗り、毎日の就寝時間を30分遅らせてついつい休みを取らずに作業をしたらこのザマです(笑)


調子に乗ると書きましたが、疲労しやすいのを執筆環境だとかドライアイのせいにして、どこか「自分には体力がない」のを認めたくなかったんだと思います。
「原因」を解消すれば、自分も人並みに活動出来るはずだと。頑張れると。


ですが、今回の事で痛感しました。
私には致命的に体力がない。世間一般の人並みにはない。
だから私が頑張るべきは、毎日執筆とかブログ更新とか「行動をし続ける」ことではなくて。
私がきっちりかっちりやるべきなのは、「休養を取ること」なのだと。


体調の良いときには、毎日早寝して、システム手帳でスケジュールの中に休養を取る日を組み込み、1〜2日の範囲でも休養時間を意識して設定していたのです。
PC作業では45〜1時間やったら15分の休憩を取っていました。

そういう時間を取っ払うと、たちまち寝込むわけでして。いっさい無理の利かない体なんですねぇ。


波に乗って、作業をずっと続けたい自分を抑えなくては。スマホでタイマーをかければいいし、文字入力ならATOKリフレッシュナビにもちゃんと叱られますしね(笑)


頑張らないを頑張ることが、作業不能期間をなくし、継続的な活動に繋がりそうです。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと