平沢沙里の電子書籍

BOOK☆WALKER版はこちら

2017年04月21日

ガビチョウの賑やかなる春

またまたお久しぶりです。編み物関連が多忙で体力回復&温存施策wwにより、創作をしばらくお休みしております。水彩画も出来上がってないヨ。


創作沈没浮上関連の話はいい加減皆さんも飽きてると思うので、 今日は野鳥の話でも。

本日昼頃と夕方の合計3回、家の周りでデケー声で鳴いてる子ちゃんがいました。複雑で綺麗なさえずりなんですど、とにかく声がでっかい。私みたい(笑)

調べたら、ガビチョウという中国南部〜東南アジア北部原産の外来種らしいです。
さりパパンに聞いたら、H村農耕地で父農作業中によく鳴いてるらしいです。
「うるせぇww」って言ってました。



そういえば近場で、毎年ウグイスが鳴くスポット?があるのですが、この子たちも声デカイですね。しかしかな〜り近くで鳴けども姿は見えず。すぐ側の木にいたっぽいのですが。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳だよ♪

2017年04月01日

水彩画の続きをやっています〜

途中まで塗ったところで長らく放置していた水彩画にようやく手を付けました。今週末と来週末は予定が入ってなくて、チャンスは今しか!と他のやることをぶっ飛ばしもごもご。

水彩画というのは、パブ―版「青き国の物語」最終巻の表紙絵として用意し、Kindle版の発行に伴いボツとなった作品です。
一応イメージとして完成させておきたかったので。何かに使えるかもしれないし(?)

IMG_2224.jpg

背景の文様を塗り終わり、人物の色塗りをしています。今日はアイリスの肌を塗り終わって、妖精ニアルの肌の途中で終わりました。
明日、どこまで出来るかな?

こう、透明水彩を塗り塗りしてるのって、編み物と同じで無心になれていいなぁとつくづく。
構想段階で大まかな色のイメージはあるんですが、作業の合間合間に、どこに何の色を置こうかな〜、とか、ここをこの色で塗ったから隣り合うここには……とシミュレーションするのはわくわくします。


次作「エクシール」の表紙も、人物だけは水彩にしたいです。素材としてスキャンして、背景と後で合成する感じで。初の試みになりますね!

イラストボードとKindle表紙の縦横比は違うので、水彩画で丸々描いちゃうと使いにくいのですが……合成なら、作品によってはちょこちょこ水彩使えないかな〜と目論んでいます。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと