平沢沙里の電子書籍

BOOK☆WALKER版はこちら

2016年02月27日

そろそろ新刊の表紙と挿絵を考えようかな

新刊「四次元に住む男 第一巻」をゆるゆると執筆中です。本当は当ブログで小説書きさん向け一太郎小技記事を2つほどアップしたいのですが(一太郎2016買ったし!でも紹介したい機能は最新の機能ではないです)、アレは書くのがけっこう大変で精神力がかなり削れてしまうので、今日のところは執筆を優先させます。執筆ついでに一太郎のスクリーンショットは用意しますけど。

本文の執筆がある程度進んできたので、そろそろ表紙と挿絵のラフ画くらいはやっておこうと考えています。決して執筆に飽きたから絵に行く訳では……げふげふげふん。

挿絵はいつも、挿入する本文の位置を決めたら当該箇所の文章をEvernoteに抜き出し、それを見ながらイメージを膨らませます。「四次元に住む男」では1冊に付き2枚の挿絵を予定しています。
今回はインクがまだ新しいので、綺麗にモノクロ画が描けそうです。少なくともにじんで苦労する事はないですよね。

表紙はどうしましょう……「序章」の表紙イメージの形式をそのまま踏襲したいところです。ネロさんがいて、背景は数字・文字が浮かんでいて、タイトルは縦書き、という。「序章」のイメージカラーが紫だったから、一巻は緑にしようかな?一口に緑といっても色々な緑があるので、どんな緑色になるかはお楽しみに。

ラフ画ですが、ノートに描く場合もあれば、DELL子さんが起動しっぱなしならDELL子さん×ペンタブで描く場合もあります。現在執筆中だから、今回はペンタブで今日早速やってみるつもりです。


にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174230360
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック