平沢沙里の電子書籍

BOOK☆WALKER版はこちら

2016年04月23日

小説における一文の長さって、皆さんどれくらいかな

一文の長さって、長すぎると読みづらい上に修飾関係や主語と述語のつながりがあいまいになりがちですよね。かといってあんまり短いと小説では表現上やりにくいし。皆さんはどれくらいの長さを意識して書いておられるのでしょうか。

一太郎の校正機能では文や句読点間などの長さをチェック出来るのですが、一文の長さを100字から75字に設定しなおして実行したら3、4カ所で引っかかってしまいまして。あまりにも長すぎると判断した一ヶ所を修正後、最終的に90字にしておきました。ちなみに句読点間は50字設定です。

平均文長と句読点間隔も調べてみたら、思っていたよりも短くて文長28字、句読点間隔14字でした。よく考えたらかぎ括弧内、登場人物がしゃべっている文のせいかも。そちらは一文がかなり短めなのです。一太郎ヘルプによると新聞コラムの測定でそれぞれ40字、18字だそうです。

小説だと書き手の好みにもよるので適正字数は一概に言えないでしょうが、長くて一文100字前後がいいのかなーと勝手に思っています。

私はどうも短めが好きみたいです。手持ちの小説文庫本を見てみたら、けっこう長いような。読点で区切られているのを1ブロックとすると、1ブロックあたり15字以上で一文3〜4ブロックがざらにある感じです。私は字数はともかく一文2ブロックが多いです。

読みやすくリズム感の良い文章を追求すると、この辺もまだまだ研究の余地がありそうです。
タグ:小説 執筆

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 創作のこと
この記事へのコメント
私はだいたい60字ぐらいですよ。あんまり長くしても読んでいる人がついてこられないだろうなと思ってしまいます。気を付けないとだらだら長くなってしまうんですよ。
Posted by うっしーにゃん at 2016年04月23日 22:28
>うっしーにゃんさん

おはようございます。コメント&お教えいただきありがとうございます!

私は普通に書いていると短めのシンプル文章になりがちなので今回頑張ってみたのですが、80字超えした数カ所はちょっと頑張りすぎたかもしれませんね(笑)

他の部分はほぼ50〜60字以内に収まっているようなのですが。

80字超え文は自分で読んでても「なんか重たいな」と感じていたので調整して、字数制限も80字以内に戻してみましたよ。
Posted by 平沢沙里 at 2016年04月24日 07:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175019322
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック