平沢沙里の電子書籍

BOOK☆WALKER版はこちら

2017年06月16日

何ごともやり過ぎって良くないよね

良いもの、良い作品を作りたいという意気込みはいいのですが、最近やり過ぎなのかな、と思うようになりました。

というのは推敲する時、一回も手直しが出なくなるまで何十週も原稿を読むのですが、これ、逆効果なんじゃないかなぁ。

誤字脱字発見のための校閲ならまだいいんですけど……これだと推敲に時間がかかりすぎて生産性がかな〜り悪いのと疲労困憊する上に、
やり過ぎる→意識が近視眼的になった状態での手直し 
になって、自分が思うほど作品が良くなってない気がするのです。空回りしてるというか。

100%力を出し切るのではなくて、7〜8割の(自分が思うところの)完成度でむしろいいんじゃないかと。
ちょっと完璧主義過ぎたかも。

作品数をこなすことが品質向上につながるはずですしね。うう、耳が痛い。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180066593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック