平沢沙里の電子書籍

BOOK☆WALKER版はこちら

2019年04月20日

自分の古ーい絵も作者的に悶絶するよね

以前、自分の古い小説(原稿)を読むと精神的に死ぬという話をしましたが、絵の方も同じですねぇ。

と申しますのは、次作「エクシール」用イラストをリデザインするために、太古の昔に制作したマンガ版を見ながらスケッチブックに描いていたのですが……(色塗りは飽きたので少しお休み)。

うわー!!( ̄□ ̄;)!!

絵そのものの質は自分絵史黎明期なんで問わないとして。
衣装(特に貴族服)とか髪型とか、これどーなってんの?というものばかり。
どうくっついてんのか謎、どう着てんのか謎、ずり落ちないのか謎などなど。

構造的に納得できないと描きにくいor描けないです
(´・ω・`)

ぬぅ……確か「あの頃」は、マンガやらゲームやら「ベルサイユのばら」やらディズニー作品やらのキオクで、なんとなーくそれっぽく描いてたんですよねぇ。
今は手元に資料本があるし、検索すればいくらでも画像が出てきますが。

なもんで、ラフ画を描いてる最中もマンガ版と資料をにらめっこしながら
これわかんねーよ!!
どうなってんだよ!!
ああ〜〜ん……(´Д`) 
とか叫んだり唸ったりしてました(笑)

いくらアレなデザインでも、今現在の感覚で大幅に変えてしまうとマンガ版からのファンにしてエクシール製作委員会(ただし2人だけー!)編集長が多分おそらくガッカリさんだろうし……。
少なくともイメージは崩したくありません。

話はそれますが、「元と別物」でガッカリしたことが私にもあったんです、音楽の話ですが。
PS版「ペルソナ」の雪の女王ルートのサントラが大好きなのですが、PSP版で全て新曲に差し替えになってて……どちらでプレイするか選ばせてくれよう
(;ω;)

原形やイメージはしっかりとどめつつ、今見てもおかしくないようなデザインにしていきます〜。飽きたら色塗ります(笑)
タグ:エクシール

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185886035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック