平沢沙里の電子書籍

BOOK☆WALKER版はこちら

2019年12月21日

【メモ】iPhoneからユーザー辞書をAndroidに移行する

今月スマホをiPhoneからAndroidに機種変したのですが、うちの場合よく使っている顔文字をユーザー辞書に登録してたので、AndroidのGboardで使えるようになんとかした課程を整理して記しておきたいと思います。

ちなみにPCは未使用で、スマホだけで出来ました。登録単語数が多い場合はPCを使った方が楽で早いかと。

1)iPhoneユーザー辞書の内容をEvernoteに書き出す
iPhoneユーザー辞書にエクスポート機能は無いので、Evernoteを使ってAndroidに内容を同期しました。
というか、元々PCのATOKで使っている顔文字をiPhoneでも使えるようにEvernoteにメモしていたのでそれを使用しました。


2)Evernoteから顔文字メモをメールでエクスポート
まだAndroidの方にEvernoteを導入してなかったので、メールでエクスポートして自分宛に送信→Androidで受信しました。

*ここまでの過程は、
iPhoneのメモを使い、メールでエクスポート
または
AndroidにEvernoteを入れて同期
で良いです。


3)テキストエディタと圧縮アプリをGoogle Playから導入
テキスト形式ファイルを保存できるエディタなら何でもいいです。今回はJota+を使いました。
検索したやり方ではGboardにテキスト形式でインポート出来るとのことでしたが、うちとこではZIP形式ファイルしか登録できなかったので、圧縮アプリもDLしました。今回はWinZipを使いました。


4)メールの内容をコピーしてテキストエディタに貼り付け、編集
ここからが重要。
Gboard辞書ファイルの形式が、
読み<Tab>単語<Tab>カテゴリ
らしいです。<Tab>と表記したのがイコールTabです。実際には<>は入れないでくださいね。

このTabで区切るのがわからなくて最初苦労しました。
なので適当な単語を登録し、一回Gboardからエクスポートをして開いて調べましたよ。

カテゴリはja-JPになったのでその通りにしました。
端末では「日本語」となっています。

あとエクスポートした文書の頭に
#Gboaed Dictionary version:1
とあったので一応入れておきましたが、なくてもいいのかな??



5)出来た辞書ファイルを圧縮する
出来上がったらテキスト形式で保存して、WinZip を使いZIP形式に圧縮しました。



6)Gboardにインポート
これは端末によってやり方が違うと思いますが、うちのAQUOS Sense3サウンドからだと、
設定→システム→言語→仮想キーボード→Gboard→単語リスト→日本語
で、単語登録の画面からインポートしました。



Gboardからはエクスポート出来るので、一度登録すれば次回の機種変ではそんなに苦労しないはずですが、もしまたAndroid→iPhoneになったらどうなることやら。

あと、AQUOSスマホにインストールされているシャープさんのS-Shoinだと、メーカーからのダウンロード辞書がいろいろあるのは嬉しいのですが、ユーザー辞書の一括インポート機能がなさそうなので使うのを諦めました。
残念です( ´・ω・)

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホのこと