平沢沙里の電子書籍

BOOK☆WALKER版はこちら

2017年10月25日

推敲と冷却期間のサンドイッチな関係

お久しぶりです。またまたブログが止まってしまいました。
9月10月と編み物の方で大変多忙になり、創作活動どころではありませんでした。一段落したので、次作「エクシール」の推敲をぼちぼち進めています。

……本当はそちらより今月中に完成させるはずの表紙絵をやらねばなのですが。まだ下巻の下絵段階でして。進捗、ヤヴァいなぁ。

絵はアレなんですが、いい具合に間が空いた事により自分の文章に慣らされた意識がすっかりリセットされて、新鮮な気持ちで推敲できています。


うん、先日ツイッターでもフォロワーさんと話していたのですが、短期間で推敲の周回数をぐ〜るぐると重ねるよりも、推敲しては一定の期間を置き、また推敲、とサンドイッチにした方が効率良いですよね。
周回数そのものも、今までよりぐんと減らせそうです。

「四次元に住む男」の時などは、連続10周くらいしてもあのアラこの矛盾が発見できなかったもの、細かい部分はやたら気になるのに。いかに自分の「目」が近視眼的になっていたか。

少なくとも私の場合、サンドイッチ作業をするには
焦 ら な い 心
が必要です。すぐに完成を焦って手を入れたくなってしまうので。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと

2017年09月13日

ご無沙汰でした〜ブログ書く時間と執筆ってバランス取るの難しいですね

えー、Facebook経由で告知していたとおり、執筆に専念するためにこちらのブログをしばらくお休みしていましたが、一段落して絵の作業に入っているのでぼちぼち復活するつもりです。

今回つくづく思ったのは、具体的な締め切りを設けると人間って書くのだな(笑)ということと、ブログを書く時間を削ったら執筆が進んだよ!ということです。

締め切りについては言わずもがなでしょうが、ブログに関しては、私の場合ここだけでなく手芸ブログも二つ抱えてるので、更新頻度のバランスを取るのがなかなか難しいです。

結論としては、
「創作はTwitterメインなんだし、執筆時間を確保したいならブログそんなに書かなくてもよくね?」
です。Twitter、ブログ、Facebookページとあるのをまんべんなく頻繁に更新するのはどだい無理な話でして、やっぱり優先順位を付けないといけませんね。

執筆>>>Twitter>ブログ>Facebookページ
という感じにして、ブログの更新は基本毎週水曜日にします。ここよりもTwitterにいる頻度を増やしたいです。そちらも最近お休みが多いので。

それにブログ書くのに30〜1時間はそれだけに時間を取られるけど、Twitterはツイートしながら編み物出来るし……げふげふん。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと

2017年07月26日

今さらのよーにデッサン始めました

そう、ちゃんとデッサンの勉強をしたことがなかった私です。かろうじて中学の美術でやたかやらないかくらい(遠い目)

美術学生とかじゃない(なかった)し、この手の練習とか鍛錬みたいなのが好きなじゃないというか、ぶっちゃけ「つまんない」と思ってました。
余談ですが練習嫌いなので楽器とかもダメです。全く上達しないです。

なのですが、「みんなのイラスト入門」を読んで一念発起しました。
デッサンは絵の基礎なのですよね……。ええ、形を正確に描くのが苦手というか、自分の描いたものが「歪んでいる」自覚はありましたよ……パースもいまいち分かってなかったし。


そこで、本屋さんでデッサンのテキストと取りあえず手に入る鉛筆を揃えて描き始めてみました。
本を斜め読みしたせいで、最初に揃えるべき鉛筆の硬さを間違えたのはご愛敬!

IMG_2481.jpg

本には静物デッサンから始まって構成デッサン、石膏デッサン、人物デッサンと色々載ってるのですが、うちで個人的に出来るのは静物と自分の手のデッサンかな。

でも初っぱなからモチーフの選択を間違える私。
本当はトイレットペーパーかティッシュペーパーボックスが良かったのですが、うちにあるトイレットペーパーはエンボス加工のだし、ティッシュボックスは柄があるので初心者には難易度が高いのです。

単純な箱形だと思ってミニジュエリーボックスにしたら、意外に複雑な形をしていて、スエード調だから質感を出すのも難しそうです。しまった……(笑)

IMG_2487.jpg

とにかく、いかに自分が身の回りの物を「よく見ていないか」を思い知らされました。
そして、思っていたより楽しいし、面白い!
描きかけの写真は、陰影の塗りに入ったところで使う鉛筆を間違えて塗り直しているところです(笑)

作品の制作と平行してですが、出来るだけ毎日描こうと思っています。
デッサンは絵の筋トレとは、よく言ったものですね。
タグ:イラスト

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと

2017年07月16日

登場人物の名前付けって難しいよね

次作「エクシール〜流浪の三姉妹」は、マンガをノベライズしているものですが、その過程で気が付いたことがあります。

マンガ版では名前が付いていない脇役が何人かいるのですが、これをそのまま小説ににすると都合が悪いのです。
マンガなら絵に描いてしまえば名前がなくてもあまり問題がありませんが、小説だと困る、けっこう困るのです。

「友人A」なんて書くわけにはいかないし、何回も「神官」だとか「侍女」だとか一般名詞を出すのもちょっと。
そこで急遽、名前を付けることにしました。

そのうちの一人は、マンガを描いた高校時代の、漫研仲間Mさんがデザインしてくれたもので、確か名前があったはず……!

そこで当時のノートを見てみたら、
なつみ・G
という何故か日本人名?が付いていました……_| ̄|○
ちなみにセージューローという兄がいるそうな(名前だけですが設定がありました)。

うーむ、しょうが無いからこのGが頭文字の名前を付けることにしましょうか。
実は同じく当時、友人画から起こしたデザイン画に別の名前が書いてあるのですが、せっかくだからMさんの痕跡を残しておきたいです。

他にも名前を付けるかどうか少し迷った脇役たちがいますが、こちらは書いてる視点から言えばない方が適しているので、今のまま外見的な特徴だけで書き分けた方が良さそうです。

さて、名前どうしようかな?

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと

2017年07月10日

私は自分という作家の一番の読者でありたい

これから書く事は、他の作家さんにしてみれば「あーた、今更何を言うてはるの?」ていうくらい、我ながら情けない案件なのですが……。

つい最近まで、執筆したり絵を描いたりしている時に、どうにも自分や自分の作品に対する批判・非難の言葉が浮かんできてしまい、作業するのが大変苦しいものと化していました。

読者からの評価に意識が向きすぎて、「他人様から見てこれはどうだろう?」と疑問に思うあまり、すっかり自信を失っていたようです。

そんな時、ふと昔の事を思い出しました。

私が初めて「イラスト」と呼べる物を描いたのは、中学生の時でした。学年は忘れたけど。
オリジナルではなく、「ファイブスター物語」のK.O.GとLEDミラージュの頭部ショットがそれぞれ一枚。単行本の表紙と設定集「キャラクターズ」掲載の絵を真似て描いたものです。

ちゃんとした画材なんて持ってないので、ぺっらぺらのその辺の紙に文房具屋で買った耐水性のペンでペン入れをして、小学校の時使っていた絵の具と筆で色を塗りました。

現物は残ってないのですが、記憶が確かならばデッサン・パースは言うに及ばず、線はガタガタ、色ははみ出しまくりのシロモノだったかと。

それでも、描いていて本当に楽しかった。そして気に入っていました。
完成した絵はルーズリーフ用バインダーに表紙絵として入れて、誇らしげに学校へ持って行ったっけ。

あの頃は描くことを純粋に楽しんで、自分の作品に誇りを持っていました。
それなのに。

いつしか楽しむことを忘れ自信を失い、自分を追い詰めていました……。



続き….....ヾ( 〃∇〃)ツ

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと

2017年06月23日

ブログ<BWインディーズおすすめ作品紹介>で「青き国の物語」が紹介されました!

ハードスケジュールにて、ネットから遠ざかっておりました。そうやってぼやぼやしてたら、BWインディーズのブログで「青き国の物語」を紹介していただいてびっくり!
気付くのがすっかり遅れてしまいましたが。

記事はこちら→

今週(6/20)の推し本:二つの「青」の物語!

2017/6/26(月)23:59までに購入されると、1冊に付き50コインが付与されるそうなので、この機会に是非……m(・ω・)m


aokikuni_cover_ver3.jpg

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ

posted by 平沢沙里 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作のこと